プルの取り消し

git reset --hard HEAD^

ステージ (stage: update what will be committed)

git add ファイル名
git add .          # すべてのファイルが対象

commit するために準備することをステージといいます.
変更のあったファイルのうち, ステージしなかったものは commit されません.

ステージの取り消し (unstage)

git reset HEAD ファイル名
git reset HEAD .          # すべてのファイルが対象

変更の取り消し (discard changes in working directory)

git checkout ファイル名
git checkout .          # すべてのファイルが対象

ファイルの内容が変更前の状態に書き換わります.

変更点の確認

$ git diff ファイル名

github のリポジトリに push

$ git remote add origin git@github.com:ユーザ名/レポジトリ名
$ git push -u origin master

ファイル名変更

git mv 旧ファイル名 新ファイル名

commit

$ git commit                 # ステージしたものを commit
$ git commit -a              # ステージされていないものも含めすべてを commit
$ git commit -m "メッセージ" # メッセージ付き

ログの確認

$ git log
commit 5dcf850a2f959edd9f06c24676262fdd58a59853
Author: ユーザ名 <メールアドレス>
Date:   Thu Feb 13 23:49:47 2014 +0900

    ignore .idea
commit  05b2cc1269d2532e68bfe46721ddcd21c6a6b1bf
(省略)

ファイルの削除

git rm ファイル名

ブランチの作成

master ブランチからブランチを作成する方法:

$ git checkout master
Switched to branch 'master'
$ git checkout -b 'ブランチ名'
Switched to a new branch 'ブランチ名'

ブランチの削除

削除するブランチ以外のブランチにチェックアウト後以下のコマンドを実行:

$ git checkout -b 'ブランチ名'
Deleted branch ブランチ名 (was 562d31b).

レポジトリ作成時にすること

$ git init
$ git add .
$ git commit "kickoff"

commit のメッセージを入力するときに利用するエディタの指定

git config --global core.editor "エディタ名 -w"

設定した内容は ~/.gitconfig に書き込まれます.

エイリアス登録

checkout の代わりに co を使えるようにする:

git config --global alias.co checkout

command with li

設定した内容は ~/.gitconfig に書き込まれます.

一番最初にすること

$ git config --global user.name ユーザ名
$ git config --global user.email メールアドレス

設定した内容は ~/.gitconfig に書き込まれます.