2015年1月11日にリリースされた Linux Mint 17.1 “Rebecca” Xfce 版を VirtualBox 上にインストールした作業メモです.
主に去年のこれを参考にして進めました。エラーなど出たりしましたが出ないような手順で書きます。

Linux Mint 17.1 “Rebecca” Xfce 版のインストール

VirtualBox を起動して仮想マシンの作成をします.
クリップボードの共有、ブリッジアダプタを割り当てておきます。

ここから Xfce の 64-bit をダウンロードします.
落とした linuxmint-16-xfce-dvd-64bit.iso で作成した仮想マシンに Linux Mint をインストールします.

もろもろインストールします:

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y g++ git emacs libffi-dev
$ sudo apt-get install -y zlib1g-dev
$ sudo apt-get install -y libsqlite3-dev libmysqlclient-dev libreadline-dev
$ sudo apt-get install -y postgresql postgresql-contrib libpq-dev
$ sudo apt-get install -y libssl-dev
$ sudo apt-get install -y libxml2-dev
$ sudo apt-get install -y libxslt-dev

nodejs と npm をインストールします:

$ sudo apt-get install -y nodejs npm
$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/node node /usr/bin/nodejs 10

参考:Ubuntu 14.04 に Node.jsをインストールする

npm で node.js のパッケージをインストールします:

$ sudo npm install -g gulp

Ruby のインストール

rbenv をインストールします.
これは複数の Ruby バージョンを共存させることができる便利なものです.

rbenv を公式の方法に沿ってインストールします.

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

PATH を変えたのでシェルを再起動します:

exec -l $SHELL

ここの説明にしたがって ruby-build をインストールします. これは異なるバージョンの Ruby を管理するためのコマンド rbenv install を利用するための rbenv のプラグインです.

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

これで rbenv install -l と打つとインストール可能な Ruby のバージョンの一覧がずらーっと表示されます.

今回は現在の最新安定版である 2.2.0 をインストールします.

$ rbenv install 2.2.0

使う Ruby のバージョンを指定します:

$ rbenv global 2.2.0

バージョン確認:

$ rbenv version
2.2.0 (set by /home/mint/.rbenv/version)

最後に設定の反映を完了させる?ために rbenv rehash を実行します.

Ruby のバージョン確認をしておきます:

$ ruby -v
ruby 2.2.0p0 (2014-12-25 revision 49005) [x86_64-linux]

これで Ruby はもうインストールされましたが, Ruby のバージョンごとに使う gem をまとめるてくれる gemset を使えるようにします. rbenv の gemset 管理用のプラグイン rbenv-gemset を 公式 を参考にインストールします:

$ git clone git://github.com/jf/rbenv-gemset.git ~/.rbenv/plugins/rbenv-gemset

ruby 2.2.0 用の gemset を gemset-2.2.0 という名前で作成します:

$ rbenv gemset create 2.2.0 gemset-2.2.0
created gemset-2.2.0 for 2.2.0

作成した gemset の一覧を表示してみます:

$ rbenv gemset list
2.2.0:
  gemset-2.2.0

gem のバージョンを確認します:

$ gem -v
2.4.5

gem がドキュメントを作成しないようにするために以下のように ~/.gemrc を作成します:

install: --no-rdoc --no-ri
update: --no-rdoc --no-ri

Ruby on Rails のインストール

Ruby on Rails をインストールします:

$ gem install rails

バージョン確認をします:

$ rbenv exec rails -v
Rails 4.2.0

33 個の gem が一緒にインストールされました.

この時点でインストールされた gem の一覧を表示してみます:

$ rbenv exec gem list

*** LOCAL GEMS ***

actionmailer (4.2.0)
actionpack (4.2.0)
actionview (4.2.0)
activejob (4.2.0)
activemodel (4.2.0)
activerecord (4.2.0)
activesupport (4.2.0)
arel (6.0.0)
bigdecimal (1.2.6)
builder (3.2.2)
bundler (1.7.12)
erubis (2.7.0)
globalid (0.3.0)
hike (1.2.3)
i18n (0.7.0)
io-console (0.4.3)
json (1.8.1)
loofah (2.0.1)
mail (2.6.3)
mime-types (2.4.3)
mini_portile (0.6.2)
minitest (5.4.3)
multi_json (1.10.1)
nokogiri (1.6.6.2)
power_assert (0.2.2)
psych (2.0.8)
rack (1.6.0)
rack-test (0.6.3)
rails (4.2.0)
rails-deprecated_sanitizer (1.0.3)
rails-dom-testing (1.0.5)
rails-html-sanitizer (1.0.1)
railties (4.2.0)
rake (10.4.2)
rdoc (4.2.0)
sprockets (2.12.3)
sprockets-rails (2.2.4)
test-unit (3.0.8)
thor (0.19.1)
thread_safe (0.3.4)
tilt (1.4.1)
tzinfo (1.2.2)