• Ruby: ruby 1.9.3p484 (2013-11-22 revision 43786) [x86_64-linux]

WEBrick のログに出てくる下記青色の部分を消す方法です.
※ ruby 2.0.0 以降では出ません

Started GET "/assets/application.css?body=1" for 127.0.0.1 at 2014-02-15 13:55:06 +0900
Served asset /application.css - 304 Not Modified (149ms)
2014-02-15 13:55:06] WARN  Could not determine content-length of response body. Set content-length of the response or set Response#chunked = true

~/.rbenv/versions/1.9.3-p484/lib/ruby/1.9.1/webrick/httpresponse.rb の 205 行目を修正します:

編集前: if chunked? || @header['content-length']
編集後: if chunked? || @header['content-length'] || @status == 304 || @status == 204

サーバーを再起動しようとするとエラーが発生:

$ rbenv exec rails s
Exiting
/home/おこ/.rbenv/versions/1.9.3-p484/lib/ruby/1.9.1/webrick/httpresponse.rb:1: unknown encoding name: undecided (ArgumentError)
        from /home/おこ/.rbenv/versions/1.9.3-p484/lib/ruby/1.9.1/webrick.rb:224:in `require'
        (省略)

さっきのファイルを Emacs で修正した時に先頭に勝手に以下の行が挿入されていました:

# -*- coding: undecided -*-

これの undecided を以下のように utf-8 に変更するか, この行自体を削除したらうまくいきました:

# -*- coding: utf-8 -*-

補足

Emacs で日本語を含むファイルを保存すると勝手に # -*- coding: undecided -*- が挿入されてしまいます.
これを # -*- coding: utf-8 -*- にするためには emacs に以下の設定をします:

(setq coding-system-for-write 'utf-8)

参考記事(3つめ)では (setq coding-system-for-read 'utf-8) も入れてますが, とりあえず上の 1 行のみ設定しました.