文字列を分割・結合

分割は split を使います. 引数を指定しなければ区切り文字は半角スペースになります:

"ab c".split       # ["ab", "c"]
"abc".split('')    # ["a", "b", "c"]
"a,b,c".split(',') # ["a", "b", "c"]

結合は +, <<, * を使います:

"a" + "b"      # "ab"
"a" << "b"     # "ab"
"a" << "b" * 2 # "abb"

配列の要素を文字列として結合

join を使います. 引数を指定しなければそのままくっつきます. [1,[1,2]].join"1[1,2]" とはならず, 要素の配列にも join が効いて "112" となります.

[].join           # ""
[1,2].join        # "12"
[1,2].join(',')   # "1,2"
[1,[1,2]].join    # "112"
[{a: [1,2]}].join # "{:a=>[1, 2]}"